ブログ

トップページ > 【映画の話】セトウツミ【ネタバレあり】

【映画の話】セトウツミ【ネタバレあり】

こちらでは、【映画と箱】をテーマに記事を書いていきます。

・・・と今までは言っていましたが、今回から少しテイストを変えて、

映画の感想オンリーにしていこうかと思います。

 

カジュアルに踏み出す!!

 

 

しれっとネタバレがありますので、ご注意ください。

 

今回の映画はこちら!!

 

 

【セトウツミ】

 

出演:池松壮亮、菅田将暉、中条あやみ、鈴木卓爾、成田瑛基、岡山天音、宇野祥平

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 

【ざっくりストーリー】

男子高生が河原でだべる

 

 

 

【感想】

思考がぶっ飛んだ瀬戸とウィットに富んだ内海が会話をするという日常を切り取っただけなのに、

なんか言葉に表せない面白さがあります。

 

季節はどんどん変わっていきますが、

いつも二人(と愉快な一般人)は変わらず同じリバーサイドで過ごしている。

 

バレンタインとかサッカー部の大会とかおじいちゃんの失踪とか

掘り下げたらドラマチックになりそうな材料は転がっているのに、

瀬戸と内海の言葉の中でしか起こらないから、日常の一幕で終わってしまう。

(ドラマチックなのはミーちゃんの話くらいでしょうか。)

 

しかし、二人は駄弁ってはいますがダラダラしている訳ではない。

無駄な時間ではなく、これが彼らなりの青春なのでしょう。

 

何かに夢中になったり一生懸命になるのもいいですが、

何もしない、何者にもならない、それだって青春なんですね。

 

 

ジャンル: 青春・コメディ

公開:2016年

監督:大森立嗣

脚本:宮崎大、大森立嗣

受賞:第71回毎日映画コンクール(2017年) スポニチグランプリ新人賞