ブログ

トップページ > 【映画と箱】ぼくは明日、昨日の君とデートする

【映画と箱】ぼくは明日、昨日の君とデートする

こちらでは、【映画と箱】をテーマに記事を書いていきます。
しれっとネタバレがありますので、ご注意ください。
(便宜上「箱」と書いていますが、当社取扱い製品全てを指す言葉とお受け取りください。)

 

 

今回の映画はこちら!!

 

【ぼくは明日、昨日の君とデートする】

 

 

 

 

出演:福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴、清原果耶、東出昌大、大鷹明良、宮崎美子ほか

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

【ざっくりストーリー】

 

美大生が不思議な少女と切ない運命の恋をする。

 

 

 

 

【感想】

 

 

不思議なタイトルですが、このタイトルこそ完全にネタバレ。
サマータイムマシンブルースのような“サイエンス・フィクション”ではなく
Orangeのような“少し・不思議な”という意味でのSFです。

 

 

「切ない」という言葉では表せないくらい情感に溢れていて
雰囲気や全体を流れている空気感の演出が好きです。

 

 

この話の土台となる世界の時間軸の話を
電車の上りと下りに例えている人がいましたが
それが一番分かりやすく、しっくりくる気がします。

 

 

上りの電車も下りの電車もともに前方に進んで行っているのに
向いている方向が反対だから、だんだんすれ違っていく。

(別れの演出も電車がでしたね。)

 

この世界の時間軸の話は少し難しいですが、
かと言って「難解」というわけではありません。
ストーリーの面白さと演出のパワーで難しい題材もストンと落ちてきます。

 

 

見た後で深く考察できるのもいいですね。

 

 

また、京都の美しい風景が情感をさらに増幅させてくれます。
「行ってみたくなる風景」とは、最高のセットですね。

 

 

【HAKO point】

 

少し不思議で、可愛くて、切ない30日間。

二人の周りには大小様々な箱が出てきます。

デートしたお店、大学の建物内、タカトシの家、そして秘密の箱。

出てくる箱ひとつひとつも愛おしく見えてきます。

 

 

ジャンル: SF・青春・恋愛
公開:2016年
監督:三木孝浩
脚本:吉田智子