ブログ

トップページ > 【映画と箱】今夜、ロマンス劇場で【ネタバレあり】

【映画と箱】今夜、ロマンス劇場で【ネタバレあり】

こちらでは、【映画と箱】をテーマに記事を書いていきます。
しれっとネタバレがありますので、ご注意ください。
(便宜上「箱」と書いていますが、当社取扱い製品全てを指す言葉とお受け取りください。)

 

 

 

今回の映画はこちら!!

 

【今夜、ロマンス劇場で】

 

出演:綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、北村一輝
中尾明慶、石橋杏奈、西岡徳馬、柄本明、加藤剛ほか

 

以下ネタバレあり

 

 

【ざっくりストーリー】

映画監督を夢見る青年が、白黒映画の中から飛び出してきた
モノクロのお姫様と恋に落ちる。

 

 

【感想】

 

この映画、「画」が凄いですね。

 

レトロでノスタルジーな空気感
鮮やかに映える色彩
お転婆な美由紀が起こすドタバタ劇
成就したのに壁に阻まれる恋
赤いドロップと大きなルビーの指輪

 

言葉では表現しきれない繊細な感情を
絵力で表現しているようでした。

 

この映画の中で描かれいる現実はとても厳しいのに
(映画会社の倒産、ロマンス劇場の閉館、

健司の闘病生活、美由紀の秘密etc・・・。)
登場人物全員が“やさしい”ですよね。

 

 

やさしい人たちがあたたかい空気を作りだしていて
やさしいせかいが出来上がっています。

 

 

美由紀と健司は触れ合わないけど側にいること選びました。

 

 

手がつなげないからタオルの端と端を握り合うとか
キスが出来ないからガラス越しにするとか。
老いた健司が転んでも、助けてあげることはできないけど、
日々のひとつひとつがやさしさに溢れていますね。

 

 

だから臨終の際、健司に初めて触れた美由紀が言う
「こんなに温かかったんだね。」のセリフに重みがでてきます。

 

 

エンディングでみんながモノクロの中、
健司の捧げたバラだけが色を持ち、
そこから画面が華やかに色づいていく
この演出が「グランドフィナーレ」
という感じで大好きです。

 

 

【HAKO point】

映画の撮影所は大小含めて様々な道具が多く、
道具の多いところには、箱もたくさん必要です。

「道具」の機能を最大限に使いこなすために
用途に合った最適な箱をご用意致します。

 

 

ジャンル: 恋愛
公開:2018年
監督:武内英樹
脚本:宇山佳佑

受賞:随時更新