ブログ

トップページ > 【日常雑感】ランダムエンカウント

【日常雑感】ランダムエンカウント

図書館で適当な棚の前に立ち、
目を閉じて1冊取り出し、その本を読む。
密かなマイブームです。

 

自分で読みたい本を選んだら、

どうしても好みが偏ってしまいますが、
この方法なら普段読まないような作家や

ジャンルの本と出合うことが出来ます。

 

以前、この方法で偶然選んだ本が大当たりで、

それまで名前も知らなかった作家のファンになったことがあります。
思いがけない出会いから、自分の好みに影響を与えることもあります。

 

(本屋さんでも同じことはできますが、購入すると積読になりそうなので
返却期間が決まっている図書館の本の方がいいですね。)

 

もちろん、必ずしも面白い本と出会えるわけではありません。

ランダムで選んでいるため、

クソつまらない心を揺さぶられない本を引いてしまう事もあります。

クソつまらない琴線に触れない本は、

自分にとって必要ない知識やくだらない感性でも問答無用でインプットしてきます。

 

ネットで知りたい情報を最短ルートで知ることは確かに凄く便利です。
しかし、こういった、どうでもいいことをインプットすることも

無駄ではないのかもしれません(本の内容が面白いかはさておいて)

 

今は使いどころの分からない雑学扱いとなっていますが、アウトプットスキルが身に付けば、

何かしらで役に立つかもしれません。

なので、(忘れない程度に)少し温めておきましょう。